スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

旅/Trip

今週は子供達の学期と学期の間のお休み、term breakです。庭に造ったツリーハウスを自分たちも使いつつ貸してもいるのですが、オランダからのゲストさんに貸している間、私たちもちょっと旅に出ることにしました。
と言っても、私たちの住むCangguから車で1時間半ほどの島のあっち側、Bukitへ。
超観光地のバリ島ですが、住んでいると見るもの全てが日常なのでとっても普通になってしまい、わざわざ行くのもねぇ....と結局自分の心地よいeasyなゾーンから動かなくなりがち。壱岐で生まれ育った私は、絶景の辰の島に行ったのは数年前が初めて!
シンプルに目の前の日常に満足というのもいい。とても幸せなことです。 でも、少し足を伸ばして行った先では、必ず、良くも悪くも予想していなかったことを見たり体験したり考えたり、誰かと出会ったりします。心地よいホリデイになるかもしれないし、痛い経験からの学びある体験(修行!)となるかもしれない。
私たちにとっての今回の旅は島内ということもあり、20分でパッキング。子供達のパッキングは一切手伝わないのもお互いにとってよいんですよ。泊まる先のPandawa beach付近は何もないという情報に、ちょっとワクワク。幸せなことに何でも手に入る今、便利なことが汚染に繋がっている今。何もないかも、ということにワクワクする自分がいかに恵まれているか。そんなこともふと思ったり。
しかし、甘党の私は、美味しい甘いものがないホリデイはツマラナイ修行になってしまうと思ったので、冷蔵庫に入れっぱなしの50%割引のマスカルポーネチーズで、料理好きの次男とささっとティラミスを作ってタッパーに入れて出発することにしました。
世界がぎゅっと縮小された多様な人種が集まるチャングー(Canggu)を後に、サンセットロード(Sunset Road)の渋滞を越え、空港付近を超え、Bukitの半島へ到着。会議に参加の夫を降ろしてから、息子たちとPandawa beach付近の宿へ。向かう途中、どんどん何もなくなって行き、緑も少ないとてもドライなエリアへ入っていき、建築で使われるであろう白いlime stoneが掘られ運送されるのを横目に、舗装されていない道路へ突入。やっぱり最後に見たスーパーで食べ物買っておけばよかった・・・と少し後悔しながら、無事、ブーゲンベリアの咲き誇るオーシャン…
最近の投稿

Oct/Nov 2019 Artland IKIワークショップのお知らせ

10月に入り、秋の気配を感じる頃になったのではないでしょうか。四季があるっていいですね。年中常夏のバリにいると、季節の変わり目を感じるのは、マンゴの値段が変わる時(つまり乾季⇆雨季になる時)ぐらいでしょうか。旬の時は1kgあたり100円、旬が終わり品数がなくなりだすと400円ぐらいになります。ちなみに今も安くなってきて1kgあたり150円から200円の間で、これから雨季に入るのでさらにお得で甘い甘いマンゴの旬の時期となります。


日本でもこれからさらに味覚の秋、そしてアートな秋。
Artland IKIでは10月、11月に名人さんによるワークショップをいくつか開催します!

場所は壱岐島内各所!

その時その場に集まる方々との出会いやサプライズを体験しながら、一緒に可能性を感じ考え、Let’s celebrate our diversity(多様性を祝福)しましょう!

全てのワークショップの詳細はArtland IKIのフェイスブックページよりご確認ください。Peatixからお申し込みして頂く方を優先しています。宜しくおねがい致します。
(ワークショップは随時追加していきます。)




【タイトル】ケンハモdeアンサンブル(郷ノ浦)
【日時】2019年10月29日 10:00 – 12:00
音楽が与えてくれる“聴く”“歌う”“奏でる”楽しさと感動、そして可能性。誰もがふと感じたことがあるのではないでしょうか。そんな心に響く体験を、長年壱岐で指導されてきた“奏でる”名人の石本厚子先生のガイドのもと楽しんでみませんか?
お申し込みはhttps://artlandikimusicai1.peatix.com



タイトル】  ゆるりと、けしごむはんこ作り(芦辺)
【日時】   10月30日(水) 13:00 – 15:00
世界でひとつの線を彫るはんこ彫り!皆さんの内なるアーティスティックな一面と、“皆んな違って皆んないい”の想いを共有できる心踊る時間を、はんこ名人の藤木彩乃さん(あやとりや)のガイドのもとお楽しみください!
お申し込みはhttps://artlandikihanko.peatix.com


【タイトル】鬼凧絵付け体験(芦辺)
【日時】2019年11月2日10:00 – 12:00
壱岐の伝統工芸品として親しまれてきた鬼凧。その力強いデザインに力強い色を付けながら、鬼凧と工芸名人である平尾さんの歴史を…

半径3メートル内の世界旅行 / My trip in the garden

8月もいろんなところからいろんな方が私の藍染めワークショップに参加してくれました。

これを書いている今、息子のサッカー練習が終わるのを近くのカフェで待っていますが、”何でそんなに手が青いの!?”と話しかけられました。
私の手の色について興味津々で色々と聞いてくれた店員さん。すっかりオーダー内容忘れてまた聞きに来るという。

藍染ワークショップを始めた理由は、人に教えるためというよりは、自分がもっと染めたいし上手くなりたいし学びたい、そのためにはある程度の量の染料を作りたいし、かといって今は売るためのプロダクトを沢山染めているわけではないので(ちょっと前までやっていた新しいモノつくりから、すでにあるものを染めたいな、に気持ちがシフト)シェアできる染料があるということからでした。少人数制で私のスキルと染料をシェアする場を自宅の一角に設けています。

一人で誰とも話さずにゆっくりと時間をかけて染めることが実は一番心地よくもあるのですが、人が集まって、特に同じ興味や”なんかこんなのが好きだな”という似た感覚を持った人たちが集まると、私一人では作り出せないエネルギーやアイディアが生まれてとっても刺激を受けます。それに、私一人で一箇所にいるだけではやっぱりどこか固定観念が根を張り出して、見る、知る、考える範囲にリミットができてしまいます。そんなリミットをググッと広げてくれるのが私にとっては旅することであったり、普段の生活でいつも行く所だけでは会えない人たちとの交流。それがなんとなく実現したのが自宅での藍染ワークショプでした。家にいながらして色んな人に出会える。まるで旅をしている気分です。

私たち家族の自宅一角、半径3メートル内の今月の世界旅行の写真です。


今月から、ジャワで育った藍で作られたペーストを使っています。

 テキスタイルデザインを学んでいたというチリ出身のオリビアさん。私と同じく草木染め全般に興味があって情報交換したり。

フランスからバリに20年ぐらい行ったり来たりしているご夫婦と子供達。インテリアデザイナーのお父さんとは我が家の建築の話をしたり。

自宅の庭のこのベンチをなぜ今まで使わなかったのか!絞り作業にぴったりの高さでした。



自分で染めたものは格別で、お嬢さんも嬉しそうでした。ここに泊まって1日中染めたいな、とも言ってくれました。 どうぞどうぞ!とうちのツリーハウ…