スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

多様なピースが合わさった時 / When all pieces were put together

1年半ほど前から、夫が色んな所から集めていたものが上手くパズルの様に合わさり、バリ島の自宅の庭にツリーハウスが完成しました。やっと、とりあえず完成。



これから使いながら改善していくでしょうが、足したり引いたり、私たちの想う”快適空間”を創り上げていきます。

このツリーハウスの90%のパーツは、中古品や古材、”もういらない”と思われた物です。
いろんなところから集まった多様なピースでした。



インドネシア・スラウェシ島のビーチに長い間打ち上げられていた誰も引き取らなかったボート2隻を解体したパーツ(色がついたままのボートウッド)は壁やフレームとなり、

閉店となったフレンチカフェの可愛らしいガラスドアはそのままガラスドアとして家の3面にはめ、

フェイスブックで売りに出されていた素敵な中古品・ビンテージ物のコッパーランプやモロッカンランプ、木彫りのウインドウフレームも上手くマッチし、



切断できない強化ガラスはビッグサイズだったけれど、そのままビッグなガラスのスライディングドアとし、


海に行くたびに見つけては持ち帰った流木は卓上ランプのホルダーやロフトの手すりとなり、

このツリーハウスができました。

最後までバルコニーに手すりがなく、どうしようかと悩んでいたところ、25年愛され続けたサーフショップSurfer's Paradise閉店のお知らせと共に店内の全てのパーツ処分という投稿。なんというタイミング!これを見逃さず、巨大ステンレスの階段と手すりを格安でゲットし、バルコニーに手すりがつきました。


新品はトイレとバスタブぐらいでしょうか。とても美しい職人ハンドメイドの銅製の猫足バスタブですが、結局いつまでも売れず店内の場所を取っていたのでオーナーさんが格安で売ってくれました。


古材や中古品、ありとあらゆるパーツと資材が山積みの敷地に暮らしていたので、これらが合わさって一安心。やっと少し片付きました(まだまだありますが)。

そのパーツと資材の山を見ただけではその使い道や魅力が分からず、時に集めてきた夫に文句ブーブーの私でしたが、一つ一つのキャラクターがキラリと光る位置にはめられ合わさった時、ユニークな一つの塊になりました。

みんな違ってみんないいところを見てあげる。
それぞれがキラリと光るところで持っているものを発揮。
それらが合わさったら、もっとパワフルで面白いこ…
最近の投稿

違うことで生まれる豊かさ Celebrate our diversity

あらためまして、神々の島である壱岐とバリ島を行ったり来たりするArtland Ikiのるみです。
生まれ育った壱岐の実家のドアからバリ島の自宅のドアに辿り着くまでのdoor to doorは、車、飛行機、電車、船を乗り継いで20時間ほど。

近いでしょうか、遠いでしょうか。
近いと思う時も遠いと思う時もあります。
いいとか悪いとか好きだとか嫌いだとかの線引きもだんだんなくなってきました。

気候も言葉も文化も信仰することもルールも大きく違う所を行ったり来たりしていると、唯一絶対の答えなんてないのかもな、と思えてきました。

一人一人が大切にしていること、ただ単に皆んな違うということを皆んながリスペクトできたら、世界がもっと広がって楽しくなるんじゃないかなと日々感じています。

壱岐から戻って数日後の週末は、息子達の通うバリ島西海岸にある学校でサラスヴァティの日の儀式がありました。ヒンドゥー教の学問の神様Saraswatiです。日本でいう七福神の一人、弁才天様のようですね。私はヒンドゥー教についてはよく分からないですし、学校もヒンドゥー教の教えを広めているわけではないのですが、ここバリ島では大多数の方がヒンドゥー教信者。そして、バリ島では異宗教の祭日を皆がリスペクトするので、カレンダー上色んな宗教のお休みだらけ。あれ、今日も学校休みなの?!な日が多いです。


そんな、皆んなが違うことが普通であり、受け入れられリスペクトされていることがこの島の魅力なのかなとも思います。もう誰がマイノリティーで誰がメジョリティーなのかもわかりません(笑)。
第一言語も生まれた国も信じることも大事にしていることも違うけれど、この日は皆で皆が暮らす島で大事にされている学問の神様に自分たちの学びの場を守ってもらい、これからも沢山の豊かな出会いや体験があることを祈願しました。

違うこと、多様であること。 Artland Ikiでは、ワークショプという形でその素晴らしさ楽しさをシェアできたらなと思っています。そこから見える可能性も世界もまたきっと多様。



ユースのパワー&名人さん募集!

Ubudでの5日間のワークショプを終えところで息子たちの2週間の春休みが始まりました。
サーフビーチまで自転車で10分かからない所に住んでいるので、登校日でもお休み中でもほぼ毎日海へ行きます。そんなバリ島の海は年中サーフィンができるコンディションなので、世界中からサーファーが訪れます。そんなドリームアイランドの美しい海をイメージするバリ島ですが、現実は深刻なゴミ問題、特にプラスチックゴミの問題が深刻化しています。サーフィンしていても、潜っても、ビーチを歩いていても目にするプラスチックカップ、ゴミ袋、菓子袋、ストロー。どれも一度きりの使用で捨てられるsingle use plasticです。

その深刻化するバリ島のゴミ問題を真剣に受け止め、アクションを起こした姉妹がいます。5年前のまだ10歳と12歳だった彼女たちがバリ島で始めた小さな一歩は、大きなムーブメントとなり、Bye Bye Plastic BagsというNGOとして活動してしています。彼女たちのアクションにより、バリ島では2018年12月からプラスチックバッグ禁止案がとおり、売る側買う側の意識が高まり皆がプラスチック使用をなくすよう動き出しました。

法律を変えるのは大人だけではない、ユースだって声をあげアクションを起こすことができる。ユースだからこそ出来た素晴らしいアクションだと思います。そんなユースが学んだ環境として、家族や学校以外での大人との関わりも大きかったようです。

先日、日本から海外インターンシップを経験しに6名の高校生がバリ島に滞在し、バリ島の様々な問題を視察、解決案を練り、プレゼンテーションをするプログラムの一部に、私とのインディゴ染めも体験して頂きました。
バリ島での海外インターンシップについてはTiger Movにより詳しく書かれています。






日本こそ藍染めとして有名な地ですが、私自身もその美しさに魅了されたのは海外へ出てから。藍染め(インディゴ染め)をバリ島で初めて経験した彼らも、外から見た日本のよさ、当たり前だと見過ごしていた日本の美しさを再認識するかもしれません。

実は彼らとは藍染め以外でも時間を一緒に過ごし色々お話しましたが、怖いもの知らずで何でもトライしてみたいというパワーがすごかった!とても元気でした。英語だって私が高校生の時よりもスラスラ話せるし、分からなくても突っ走る。そんな…

All about indigo workshop day 5

ワークショップ最終日の5日目朝は、早朝のウブドマーケットに行ってきました。早朝のマーケットは地元の方のためのお買い物市場で、お供え物に使う花や、野菜、フルーツ、スパイス、スイーツなどが売られていました。




 地下へ進むと、、、、

生のお肉や、調理済みのお惣菜、朝から焼き鳥”Sate”も売られていました。


 そして、健康飲料としてした親しまれてるジャムウ。私も家で時々作るのは、ウコン、パームシュガー、ライムをブレンドしたわりと飲みやすいものですが、この緑のいかにも健康そうなジャムウに遭遇。
が、2口と飲めないぐらい・・・オイシクナカッタ。

そんなジャムウをすこーしだけ飲んで健康な気分になって、スタジオへ。
最終日、なんだかあっという間でセンチメンタルになって庭をまたウロウロ。



日陰を好むStrobilanthes cusiaはAssam Indigoとも呼ばれるようで、今回のワークショップでは、この葉からペーストを作ったり、乾燥葉のボールを作ったりしました。


東南アジアではもともとこのIndigofera tinctoriaが育ちます。葉が楕円です。


Indigofera suffruticosaは葉がやや尖っています。


持参したシルクのシャツを染めたり、庭を散策したりしているとあっという間にランチタイム。この日のメニューは、バリ島ではお馴染みのナシチャンプルでした。ナシ(nasi)とはご飯、チャンプル(campur)とはミックスの意味で、ご飯とその他のお惣菜のミックスのワンプレートディッシュです。
皆、毎日青い手で美味しく頂きました。


スタジオに戻り各自また染めの作業。結局、このワークショップ滞在中に発酵建てのバケツ2つは発酵が間に合わず、それで染めることはできませんでしたが、後日その後の状態の連絡まつこととなりました。自然の力で染料を作る工程は色々な要因が上手く合って初めて染めることができるので、経験・感覚・観察と自然の力を引き出す方法が必要となります。

バティックもやってみることにしました。私はラフに筆で蝋をつけたフリースタイルにトライ。蝋で模様を描いてからインディゴに入れ染めました。

蝋は熱湯で溶かし落とします。
バンダナとしていいかも、なんて。

All about indigo workshop day 4

ワークショップ4日目、心地よい疲れで少しスローな日でしたが、このワークショップはそれぞれのペースでやってよかったのでそれもまたよかったです。好きな時に手を休めお茶を淹れたり、プールに入る人もいたり、ランチもさっとすませて染めに戻る人もいたり、それぞれのペースで。私はこの日は糸の染めに専念しました。糸を染めたのは初めて。
染める前の地味な工程は正直楽しくはなく、束になっている糸をほぐし、まんべんなく精錬と染めができる状態にしました。楽しくないことはすぐに気が短くなってしまう私。よい染めのためにとここはがんばりました。その後は、精錬。布同様、染める前に余分な汚れを落とします。
 ステンレスの棒に糸を通し、水洗い3度、灰汁の入った湯で素麺のように煮て、また3度の洗い。これだけに数時間かかりました。そしてやっと染めの工程。のどかなトロピカル田園風景を眺めながら無心で染めました。
 布と同様に、各自、糸も3グラデーションのインディゴ色に染めました。グラデーションの加減はなかなか難しいです。
 そして、こちらはインディゴのペーストから作ったsugar vat。お砂糖を使って還元を促すのでsugar vatと呼びます。1つは消石灰入り、1つは消石灰の入った上澄み液だけを使ったvat。pHをはかりながら染まる状態のpHにしていきます。コットンを染めるためには、pH 11~11.5ほどのアルカリ性にします。
 バティックもやってみるかい?とスタジオスタッフ。ろうけつ染めとも言われるように、蝋でモチーフを描き、蝋がついた部分だけ染まらないので白地のままとなります。私は最終日にやってみました。
 糸の3グラデーション完成!写真では真ん中と左の糸が同じぐらいの濃さに見えますが、濃さ違います。刺し子糸として使おうかなと思います。
 染め終わったらまた気の遠くなる手洗い作業。バケツからバケツへとすすぎ洗い続く。水を沢山使います。その点は環境に配慮しているか疑問ですが、私は家では貯水した雨水を使っています。
 白い糸から水色、少し濃いインディゴ色、そしてとても濃いインディゴ色に染めあがりました。こんなに手間暇かけた糸、最後の最後まで使い切ります。長く余分にカットして捨てたりできないです。とっても貴重。

この日の夜は、一人旅最後の夜ということで、またふらりと夜のウブドを歩いてみました。安心して夫…

All about indigo workshop day 3

3日目の朝も宿の朝食にダダールとフルーツを頂いて、10時にはスタジオへ。途中まで染めをやりかけていた2メートルほどの布をさらに濃くするためにまた染めへ。単純な作業ではありますが、均一にまっさらなインディゴブルーに染めるのが一番難しいです。
絞りのモチーフをつけるのも楽しくて素敵ですが、模様のないまっさらな青に染めるのはごまかしがきかないので入念に丁寧に根気よくしなくてはいけません。

みんな無言で、時々マスターに質問しながらそれぞれのペースで黙々と染め。
わたしも短期弟子入りでもするかのような気持ちで来ていたので、携帯もほとんど見ず、ノートを取りながら浮かんでくる質問をしたりマジメにやっていました。こんなに誰にも邪魔されず、携帯メッセージも無視してひたすら好きなことだけできる時間がとても楽しかった。好きで楽しいと、根気よくとか頑張るとかそういう思いもなく、ただただ楽しんでいるだけ。そしてもっともっと知りたい、上手くなりたいと思うだけ。そんな5日間でした。

発酵建てのvatの様子も観察。いろんなことが同時進行で進んでいました。
発酵建てはバクテリアの力で還元を促し、もともと水に溶けないインディゴを水溶性に変えます。pHも度々チェクします。化学反応については、少々複雑なものになりますがこれも質問、質問、メモ、メモ。
乾燥葉と灰汁を混ぜて2日おいた状態の75Lのバケツが2つあります。
前日には消石灰も少し混ぜました。
1つにはGula Javaと呼ばれるインドネシアのシュガーを、もう一つにはふすまを入れ違いを実験。


 発酵建てのvatはまたしばらく様子を見ます。バクテリアのご機嫌次第です。



生葉からペーストを作るという作業も進めます。石灰水を入れて沈殿した物を濾します。

布を張ったバケツに流し入れ、水分と残りが別れるのを待ちます。残ったものがインディゴペーストになります。

そして、あっというまに1時のランチタイム。スタジオのお隣のヴィラで用意してもらっています。この日はマレーシアのスープヌードルのラクサ。大好きなLaksaです!でも、インドネシアンバージョンで、ココナッツの風味もそれほどなく辛くない。豆腐やテンペも入っていました。これはこれでとても美味しかったです。


 スタジオに戻り、前日から染めていたグラデーションに染めた3枚の仕上げ。もうちょっとかな、と目で確認しなが…